【おすすめ】歯磨き粉をチェックアップに変えたら虫歯とは無縁になった話

虫歯って嫌ですよね。食べ物を食べればしみるし、何もしていなくてもズキズキするし、治療に行ったら行ったで痛い。虫歯になってしまったらもう八方塞がりです。どうすれば虫歯を避けることができるかを考えたときに歯磨き粉にフォーカスしてみました。

今まで歯磨き粉を買うときに「安いから」とか「昔から使っていた」という理由で、何も考えずに思考停止状態で購入していたのですが、歯医者に行ったときに先生から紹介された「チェックアップ スタンダード」という歯磨き粉に変えました。

結果としては、非常に大満足!虫歯とはほとんど無縁になったので、今回は「チェックアップ スタンダード」という歯磨き粉をご紹介したいと思います。

チェックアップ スタンダードとは?

ライオン株式会社が販売している歯磨き粉です。歯磨き用品ですと「クリニカ」や「デンター」などが有名な企業ですね。

パッケージ

パッケージは白をベースに、青のグラデーションが爽やかさをイメージさせるものになっています。

ちなみに旧デザインはボーダーでポップな雰囲気に仕上がっています。旧式の方は真ん中の歯のイラストが薄めです。

チェックアップ スタンダードの特徴・いいところ

フッ素で虫歯予防

チェックアップ の特徴はなんといってもフッ素の量がすごいこと。その量なんと1450ppm。
これまで日本の歯磨き粉は薬事法によって、フッ素量が1000ppm以下のものしか販売できませんでした。しかし、2017年にフッ素濃度の基準が1500ppm まで引き上げられました。そしてこのチェックアップ は1450ppm。ギリギリまでフッ素濃度を高めています。認可前もフッ素濃度ギリギリの950ppmでした。
ではそのたくさんあるフッ素は歯にどういう効果があるのでしょうか?
[aside type=”boader”]フッ素の効果

  1. 再石灰化の促進
    歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。
  2. 歯質強化
    歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。
  3. 細菌の酸産生抑制
    歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

出典:ライオン歯科衛生研究所
[/aside] まとめると溶けたところを補修し、バリアも張るということですね。
つまり虫歯になりにくい。なっても治す。
※初期虫歯なら

抵香味で泡立ちが少ない

チェックアップ は市販の歯磨き粉に比べると泡立ちが非常に少ないです。

よく言われていますが、泡が多いと磨いた気になってしまうので低発泡なのは個人的に非常に嬉しいところです。また、味(?)もほとんどなく、低研磨性なので長時間のブラッシングでも苦にならないです。

市販の歯磨き粉を使用すると、磨き終わった後にスースーと清涼感がありますが、このチェックアップ はほとんどありません。清涼感による「磨いた感」が薄いので、歯をしっかり磨く癖がつきますよ

ちなみに歯磨きが終わった後も、しばらく口の中でフッ素が虫歯予防効果を発揮するので、歯磨き後のうがいを過度にしたり、歯磨きが終わってからすぐの飲食は、効果を半減させてしまいますので避けましょう。うがいは1回でOK!

出典:ライオン歯科衛生研究所

低研磨性

チェックアップ は研磨剤の量が少ないので、研磨剤による歯の表面のエナメル質が削れるのを防ぎながら汚れを落とすことができます。通常なら研磨剤入りの歯磨き粉でも問題ないのですが、歯や歯茎が弱っている時に使用すると、歯がしみて痛いという知覚過敏につながってしまうおそれがあります。

チェックアップ スタンダードの悪いところ・注意点

低発泡・抵香味

私はメリットだと感じていますが、低発泡・抵香味なので人によってはスッキリ感がなく物足りないと感じる方がいるかもしれません。歯を磨き終わった後も、市販のものなら泡でいっぱいの状態になりますが、チェックアップ の場合だと、歯磨き後の口の中はほとんどが唾液だと思います。

ただ本質を忘れないでください。歯磨きの目的は「虫歯予防・歯周病予防」です。かなり極論になってしまいますが、「清涼感を感じて虫歯」と「清涼感はないけど虫歯もない」。あなたはどちらがよいですか?

お店に売っていない

チェックアップ は、歯医者さんかamazonなどの通販でしか購入できません。
お店にもあるのかもしれないのですが、少なくとも私は見たことがありません。よく通販を利用する方からすると対したデメリットではないかもしれませんが、普段通販しないという方には大きなデメリットかもしれません。

やや割高か

1本500円ほどするので他の歯磨き粉に比べると高く感じます。安いものですと2~3本買えますからね。
朝と昼は他の歯磨き粉。夜はチェックアップ という使い方をすれば1日の使用量を抑えられますので、工夫して使ってみるのもありだと思います。

チェックアップ の種類

私が使用しているのは「チェックアップ  スタンダード」ですが、他にもたくさんの種類があるのでご紹介いたします。

1.チェックアップ スタンダード

この記事でも紹介している一番ベーシックなタイプです。通常の歯磨き粉のようなソフトペーストタイプです。迷ったらコレという1本。

2.チェックアップ コドモ

3種類の香味とかわいいイラストが入っているチェックアップ です。フッ素の量が950ppmですのでお子様に使用する場合はコチラ※通常のチェックアップ は大人用です。

3.チェックアップ ジェル

いつもの歯磨きに加えて使用するジェルタイプのチェックアップ です。歯の萌出期、矯正治療中、歯根面露出などハイリスクの重点ケアに。香味も種類が多いですがライフステージによって使い分けます。お子様の使用もOK!

4.チェックアップ フォーム

泡タイプのチェックアップ。研磨剤無配合なので、歯や歯肉に優しくブラッシングできます。驚きなのは、この1本で500回使用できること。乳幼児〜高齢者の方までOK!

5.チェックアップ ルートケア

ジェルタイプのチェックアップ。コーティング剤が露出している象牙質表面のコラーゲンをコーティング!根面が露出した口腔内にオススメです。 ※成人以上

 

歯を大切にするとこんなにいいことが

せっかくですので歯を綺麗に維持することで得られるメリットをまとめてみました。

  • 歳を重ねても自分の歯でご飯が食べられる(食事って最高に幸せですよね)
  • 歯医者にかからなくていいのでお金や時間が無駄にならない(歯・口腔内が健康で虫歯や歯周病がない人は、医療費にして3200万円も得をしているという試算があるそうです)
  • 虫歯からくる口臭も抑えられる(口の臭いは指摘されると一番ショックじゃないですか?)
  • いつまでも元気でいる!(歯数が少ない人や、咀嚼能力が低い人は認知症のリスクが高まる。)

まとめ

たかが歯磨き粉、されど歯磨き粉

すでにガッツリ虫歯の方はしっかり治療していただきたいのですが、ちゃんと歯磨きしているのに小さい虫歯ができてしまうと感じるあなた。

もしかしたら歯磨き粉を変えるだけで、その問題は解決するかもしれません。この瞬間もあなたの歯はどんどん蝕まれて行きます。

私は歯のプロである歯医者の先生に勧められた、このチェックアップ に非常に満足していますし、これからも使い続けます!ぜひあなたも使ってみてはいかがでしょうか?

「芸能人は歯が命」とはよくいったものですが、個人的に一般人も歯が命だと思います。

歯は一生物!サメのように折れても生えてくるということはありません!一緒に歯を大切にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です