【感想・レビュー】使い心地はいかほど!?ロジクール初のエルゴノミクスマウスMX Vertical

9月にずっと使っていたマウスがとうとう壊れてしまいました。

それからは予備のbluetoothマウスを使っていましたが、やはり予備のマウスなので手にしっくり来ないというかチープというか…ということで買い替えを決意しました!

どのマウスにしようか色々とネットを探っていた中で、ロジクールからなにやらすごいマウスが9月下旬に発売するという情報をゲット!

このタイミングで発売するということに運命を感じ、値段は結構しましたが思いきって買ってみました。

その名も「MX Vertical アドバンス エルゴノミック マウス」!

このマウス、アイキャッチ画像を見てもらえばわかるとおり、形が意味わかりません。笑

使い始めてから10日近く経ちましたので、今回はこの特殊な形のマウスの良い所・悪い所を含めた使用感や感想をお伝えしたいと思います!

MX Vertical アドバンス エルゴノミック マウスとは?

株式会社ロジクールから販売されているロジクール初のエルゴノミックマウスです。

そもそもエルゴノミックってなに?

エルゴノミックという言葉が飛び交って、だんだん言葉の意味が気になってきたので辞書で調べてみました。

どうやら正式にはエルゴノミクスのようです。

エルゴノミクス(人間工学)
人間が使用する機器・家具・環境・建物などを科学的に分析し、その結果を反映して快適で疲労の少ないものにしようとする工学的アプローチ

つまり人間の身体の形にあわせてモノを作ります!しっくり来るから使いやすいよ!ということです。

特徴

なんといっても一番の特徴はこの形でしょう。

ご覧ください!もはやフジですよ!OH!フジヤマ!!

ちなみに写真では暗くてわかりずらいですが、右側のマウスの画像の真ん中下にusb-cケーブルを刺す場所があります。

株式会社ロジクールはこのマウスを作るにあたり、木型を作り何百人ものユーザーテストを行い、傾斜角度が57度という最適な角度を導き出しました。

これが一番握りやすく、負担が少ないという形なんですね。

続いて裏面の写真です。上から電源スイッチ、センサー、bluetooth切り替えスイッチがついています。センサーは中央よりやや上についています。

ホームページの動画で、このマウスが作られるまでのプロセスが見られるので面白いですよ!

通常、マウスというものは上から覆いかぶせるように持ちますが、このマウスは握手するような形で持ちます。

実は私たちがマウスを使っている時には僅かながら手首を内側にひねっているんです!

対してこのマウスは、腕をストンと落とした状態から腕を上げればもう持てます。

微量のひねりですが、自然な姿勢で使えるマウスなんですね。まさにエルゴノミクス!

公式ホームページによるとマウス使用時の筋緊張を10%軽減するらしいです。「10%かよっ!」と思うかもしれません。

実際私も思いましたが、私にとってマウスは人生で一番触っているもの。

この10%の蓄積がいつか私の手首を爆発させるのではないかと思うと、10%って意外に多いんじゃないかとも思いました。

ちなみにこのマウス気になる方も多いと思うのですが、買う前に触りたいですよね?

家電量販店の店舗によっては試用できるようになっている場所もあると思いますが、箱から出ていない時もあります。

そんな時でも、このMX verticalはなんとなくの使用感を確かめることができます。

こちらが箱の写真です。「あぁ〜、買う前に触ってみたいな〜」

!!?」

「!!!!!!!?」

なんと箱の下が空いており、透明のカバーの上からにはなってしまうのですが、この特殊な形のマウスを握ることができるのです!

もしお試しコーナーでMX Verticalが出ていなくても箱を探してみてください!なんとなくで触れます!笑

使って感じた良いところ

自然な形で握りやすい

これに尽きると思います。むしろ握りずらかったら意味わからないですしね(笑)。

ナチュラルな手の形で握れることに感動して、気をつけの姿勢からそのまま前に手を出して「そのまま握れる〜!」みたいなことをずっとやっていました。

フィット感は本当にかなりいいです!

ただ、さすがに普通のマウスで人生を送ってきたので「握りやすい!でも動かしずらい!」みたいな違和感は相当ありました。

でも購入後2日目には違和感は消えてました。(つ、強がりじゃないですよ!)

手首への負担減

一番恩恵を受けたように感じるのがこの部分かもしれないです。

普通のマウスだと手首全部分がテーブルにつき、長時間の使用だと疲労感というか痛みを感じることが多かったのですが、MX Verticalの場合は手首の接地面が少ないので、手首の疲れを感じることはなくなりました。

デザインソフトもいける

仕事上photoshopとillustratorをよく使っていますが、全然普通に使えます。

最初こそ違和感はありましたが、マウスの形が違うことによる弊害は感じていません。

カーソル速度の切り替えのボタンがあるので繊細の操作の時にはマウス速度を遅くして使用しています。

また、しっかり握って使うのが正しいかと思いますが、状況によっては摘まむ感じで持つと操作しやすく感じました。

手首を軸に動かすのではなく、指の中で転がすようなイメージです。

寝ながらでも使いやすい

私はよくうつ伏せになり、顎の下に枕を置いてPC作業をするのですが、その時の使用感は机で使用するより良いです!

エルゴノミクスとはこの姿勢のことなんじゃないかというくらいです。

充電が超早い

急に充電が切れてしまっても、1分間充電すれば4時間使えます。

普通のマウスだったら電池交換するのに、電池を探す手間も考えると1分以上かかりますが、このマウスはケーブルを刺して休憩がてらトイレにいけば4時間使用できるのです!

いや、、、トイレだったら12時間分くらい充電できてそうですね!

ちなみにフル充電で4ヶ月使えるので、あまり充電する機会もないかもしれないです!

接続方法が3種類

USB-C充電ケーブル、Unifyingレシーバー、またはBluetoothを使って接続することができます。

bluetoothの場合は本体裏に切り替えスイッチがついており、3台まで接続可能です。接続方法が選べるのは嬉しいですね。

USB-C充電ケーブルが付属でついてきますが、マウスに刺す方がC規格で反対側はA規格(よく見るやつ)なので最近のmacbookに直接刺すということはできないです。

まぁbluetoothあるから大丈夫か!

便利なLogicool Flow

これはこのマウスではなくロジクールのマウスの話になってしまいますが、Flowというドライバ的なソフトがあるのですが、これが超便利でした!

私はPCを2台使用していますが、両方のPCにFlowを入れるとPC間でのマウスの行き来ができるようになります!

つまりBluetoothで複数接続できるものの切り替えをせずに、そのままデュエルディスプレイの如く移動できます。

切り替えの際に少しぎこちない動きをしますが、「裏のボタンを押して〜」という手間がないので全然気になりません。

更に!なんとファイルの移動もできます!いや、もうデュアルディスプレイじゃん!

PCの並びにあわせて位置も設定できるので、複数台同時に使用している人にはおすすめです。

使って感じた悪いところ

慣れが必要。人によっては脱落するかも

使用し始めて、やはり最初に違和感は感じました。

クリックも上からではなく横方向になっているので、マウスを軽く持ち上げようとした時に誤クリックをしてしまったり…。

ただ、フィット感は非常に良かったので1日も操作をしていれば「前からこのマウス使ってたよね?」というレベルまで慣れてきます。

ちなみにマウスを持ち上げるときは親指と小指で挟んで持ち上げましょう。力をほとんど入れずに持ちあげることができます。

クリック音しっかりしてる

カチッという「これぞマウス」というような音を出します。

結構デカ目のクリック音なので、気になる人には気になるポイントかもしれません。

私は音が出ないマウスを使用していたので、いまだにハイパー気になります。

マウス⇔キーボードの移動がしずらい

高さが出るのは仕方がないのですが、完全にここの欠点は盲点でした。

マウスでカーソルを移動し、その手をキーボードに移動する時に意識しないとぶつかります。

逆も然りで入力を終えてマウスに手をかける時もぶつかってしまいます。

今では感覚もわかってきてぶつかることもほぼないので、この点も慣れだとは思いますが、最初は結構ストレスを感じるポイントでした。

ホイールが引っかかるタイプ

これも人の好みによるのですが、このマウスのホイールはカラカラと止まるタイプです。(切り替えることもできません。)

昨今のホームページは長く、スクロール量が多いためスラーっといくやつのほうが好きなんですよね。

逆にカラカラタイプが好きな方にはいいかもしれません。

MX Vertical アドバンス エルゴノミック マウスで得られる効果

最後にこのマウスで得られるメリットをまとめてみました。

  • 自然な握手位置により、筋緊張を10パーセント低減し、人本来の自然な姿勢を促進。(チリも積もれば山となる。この10%をどうとらえるか)
  • 傾斜角度による手首への負担減(私は手首が痛くなることはほぼなくなりました。)
  • カーソル速度切り替えによる高度なオプティカルトラッキングが、手の動きを1/4に低減し、筋肉と手の疲れを緩和。(状況に応じてカーソル速度を変更できるのはいいですね)

まとめ

個人的にはいいマウス。ただ万人ウケではない!

サイズ感や使用感は、とても合っていたので個人的には満足しています。

が!やはりマウスの固定観念を覆すような形なので人によって合う合わないがあると思います。

ただ負担減というのを唱って開発されたものなので、確かにそういう面では効果を実感しています。

仕事でマウス触りまくりの人は、もしかしたら疲労の減少につながるかもしれないのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

※高額かつ人を選ぶ商品なので絶対試した方がいいですよ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です