パッケージ版のゲームソフトを全部売ってダウンロード版に買い直した話

先日、持っていたニンテンドースイッチのパッケージ版ソフトをすべて売りました!

理由は持っていたソフトをすべてダウンロード版で買い直すためです。

正直、買い直しするのに売ったお金では足らずに、プラスでお金を払っています。

では、なぜ私が持っているソフトを売ってまで、ダウンロード版を買いなおしたのか」を書いていきたいと思います。

今までは、すべてパッケージ版を購入

これまでニンテンドースイッチのソフトは、配信限定のものを除いて、すべてパッケージ版を購入してきました。

ソフトがカートリッジタイプなので、入れ替えはサッと簡単に出来るだろうし、パッケージの大きさも小さいので、たくさんのソフトを買っても、かさばることはないと思ったからです。

そして何よりダウンロード版より安く買えたから!

持ち運びに関してもカードケースというものを持っていたので、ソフトの数が増えても簡単に持ち運べていました。

ダウンロード版が欲しいと思った理由

皆さんはニンテンドーカタログチケットというものをご存知ですか?すべてはコイツが原因なんです。

ニンテンドーカタログチケットとは?

NINTENDO Switch Online加入者限定の特典で、9,980円で任天堂のソフトが2本引き換えることができます。

なんと!これから出るタイトルも選べる対象となっています!こりゃすごい!

しかも!ダウンロード版購入時に1ポイント1円の割引に使えるポイントが499ポイントつきます!

つまり実質9,480円でソフト2本がゲットできるということになります。(1本あたり4740円ですね!)

私の場合、スプラトゥーン・スマブラなどでオンライン対戦のために加入は必須でしたので、現状から追加料金なくチケットを買うだけというのはかなり惹かれました。

ちなみに、NINTENDO Switch Online加入のコードはamazonでも買うことができます。かなり微々たるものですが、割引もされているのでamazon購入がオススメです。

パッケージ版のメリットと天秤に掛ける

ニンテンドーカタログチケットがお得といえども、実は任天堂のソフトは7割ほど持っていたので、買いなおすほどのメリットがあるのかを冷静に考えてみました。

下記がパッケージ版のメリットです。

ゲームを売れる

現物があるパッケージ版はゲームクリア後に売ることができるので、そのお金で新しいゲームを買うといったことができます。

手元に現物がある

ゲームのパッケージのデザインはかっこいいものや素敵なものなど飾りたいものが多いですし、パッケージが増えていくとコレクション欲も満たしてくれます。

ソフトを安く買える

amazonなどで見ると、これから発売するっていうソフトでも1000円引きということがあります。その反面DL版は新作の場合は間違いなく定価でしょう。

パッケージ版のメリットに対する考え

パッケージのメリットを知った上で、自分はそのメリットにどれだけ魅力を感じるかを考えてみました。

そもそもゲーム売らない

大人になった今はゲームを売ることはほとんどなくなりました。

クソゲーをつかまされた時に売れないということもありますが、昔から追っているシリーズ物しか発売日に買わないので、その点もクリア(昔から好きだったシリーズがクソゲーだった場合は、「今回はそういう作品だった」と割り切れます。)

私の場合ですが、RPGなどシングルプレイの「クリアしたら終わり!」っていうゲームを何回もやるんです。

面白いものは、クリア後すぐに最初から繰り返したりしますし、数年後にまた起動すると、再度ハマったりします。(DL版で買い直したゼルダにまたどハマり中。5周目です。)

本体も売らない、いや、売れないというべきか

すでにフィットボクシング・スニッパーズ・メタルスラッグ・ロマサガ2など、いくつかのソフトをダウンロード版で買っていたので、今後スイッチは売ることがないと思いました。そうなった時に「ソフトも売らないなら、DL版を本体に入れてた方がよくね?」となりました。

ゼルダやゼノブレイド2とかもソフトはパッケージだけど、DLC買っているのでソフト売りたくなし…。

現物へのワクワクが減りつつある

子供の頃は本棚に並んでいくパッケージが増えていくことにニヤニヤしたり、喜びを感じていましたが、大人になった今は少しでも部屋がスッキリするほうがいいかなと。

ゲームはカタログチケット、もしくはセール時に購入する

ニンテンドーカタログチケットはこれから出るタイトルも対象となります。

適用タイトルや適用期間の制限がいずれ来るかと思いますが、それまでは安くなったパッケージ版より圧倒的に安いです。(例/ ファイアーエムブレム風花雪月の場合、パッケージ – 6,564円(amazon)・DL版 – 4,990円 )

任天堂以外のソフトの場合はチケットが使えませんが、定期的にセールをやっていますので安く買うことができます。(中古と比べてしまうと割高になりますが…)

ダウンロード版購入!

まだ元々持っていたタイトルを全部買い直せてはいないのですが、私にとって、持っていたパッケージをすべて売って買い直すほどの魅力がダウンロード版にはありました!

過去タイトルもまた起動するようになった

ダウンロード版のおかげで、スマブラをちょっとやって、ゼルダやって、またスマブラをちょっとやって、オクトパストラベラー 少し進めて、最後にフィットボクシングというように、1回のゲームの時間で複数のタイトルを遊ぶようになりました。

ゲームの切り替えが早いので、クリア済みのドンキーコングも1日1ステージずつといったような進め方で最初から始めています。

結論:ダウンロード版快適すぎる

ゲームの起動が早いニンテンドースイッチとダウンロード版の相性は最高によすぎます!

買い直すのは極端かもしれませんが、ソフトをなくさない・持ち運びが楽・ゲームの切り替えが楽といったメリットがあるので、今後発売されるソフトはダウンロード版を購入されてみてはいかがでしょうか?

microSDが必要になりますが、今は256GBでも5000円未満で購入することができますので、ダウンロード版への敷居はどんどん低くなっているように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です