どうやって戻すの?カーソルが『+』マークで表示される時の対処法【photoshop(フォトショップ)】

Photoshopを使用している時に、ブラシや消しゴムツールのブラシサイズを表す円がいきなり『+』マークになってしまい、いつもと違うマークに戸惑いました。

ショートカットキーが多いソフトの場合、知らないうちになにかボタンを押してしまい、気づいたら訳がわからない表示になってることありますよね?…あれ?ないですか?

ということで、今回は「カーソルが『+』マークで表示される時の対処法」をご紹介します。

解決方法

この問題の解決方法はとっても簡単です!コンマ数秒でなおせます。

悪さをしていたのはCaps Lock キー。「精細」表示の切り替えによってカーソルが「+」ボタンになっていたことが原因でした。

Caps Lock の解除

Caps Lock を解除するには、以下のいずれかの操作を行います。

Windows の場合

Shift + Caps Lock キーを押します。

Mac の場合

Caps Lock キーを押します。

以上カーソル表示の切り替え方法のご紹介でした。
私もそうでしたがカーソルがいきなり消えて焦った時があったので
「精細」表示を使わない方も覚えておくと便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です