レイヤー構造を保ったままコピーする方法【Illustrator(イラストレーター)】

イラストレーター上で作成したデータを別のドキュメントにコピペをする時に、通常ですと複数のレイヤーが1つのレイヤーにまとまってしまいます。パーツをレイヤーで管理して作業をしていると、コピペ後に再度レイヤーを分けなければいけないので、非常に面倒です。

今回は「レイヤーで分けた情報のまま別ドキュメントにコピペする方法」をご紹介いたします。

 

こういうレイヤー構造の状態のドキュメントを全選択&コピーして、別ドキュメントに貼り付けると・・・

こうなる。ぎぃ・・・。

レイヤーオプションで設定変更

レイヤーウィンドウの右上の3本線のアイコンの中にある「コピー元のレイヤーにペースト」をクリックします。そうするとチェックマークが入ります。

はい!これで設定は完了です!ここにチェックマークが入っているとレイヤー情報を保ったままコピーすることができます。

「レイヤー情報を破棄して1枚にまとめたい!」という方は再度同じ箇所をクリックするとチェックマークが外れますので、状況に応じてオンオフを切り替えて使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です