写真をモザイクに加工する方法【Illustrator(イラストレーター)】

図形を作る印象が強いイラストレーターですが、実は写真をモザイク状のパスデータに変換することができます。

普通の写真をモザイク加工するだけで、印象が大きく変わりますし少しイラスト調な感じになるので、チラシやサイトの装飾に使えるかと思います。

ということで今回は「イラストレーターで写真をモザイクに加工する方法」をご紹介します!

制作情報

作成目安・3分
使用ソフト・illustrator CC2019
使用した画像サイズ・750×500(px)

画像を配置する

まずは使用する画像を配置します。

メニューの【ファイル】-【配置】からか、そのままイラストレーター上に画像をドロップしましょう。

次に画像を選択して上のコントロールバーの中にある【埋め込み】を選択します。

コントロールバーが表示されていない場合は、【ウィンドウ】-【コントロール】で表示させることができます。

MEMO
画像を埋め込んでいないと次の「モザイクオブジェクトを作成」が選択できないので注意。

モザイクオブジェクトを作成

メニューの【オブジェクト】 -【モザイクオブジェクトを作成】を選択します。

ダイアログが表示されるので、タイル数の数値を増やしました。元の画像が不要な場合には【ラスタライズデータを削除】にチェックを入れます。

【比率を固定】を選択し、下の【比率を使用】を押すと、幅・高さの数値を基準に、比率を保った数値を片側に入れてくれます。

完成

数値を決めたらOKを押して適用させます。そうすると、下の画像のようになります。

画像がモザイク状になりました!

タイル数を減らした場合

タイル数を減らすとモザイクを荒くすることができます。

タイルの感覚を広げた場合

タイルの上下に1pxずつの間隔を指定しました。

「写真をモザイクに加工する方法」のおさらい

STEP.1
画像を配置
使いたい画像を配置します。
STEP.2
画像の埋め込み
コントロールバーの中にある【埋め込み】を選択 
STEP.3
モザイクオブジェクトを作成
タイル数がモザイクの大きさになるのを忘れずに。
STEP.4
完成
お疲れ様でした!

応用

「写真をモザイクに加工する方法」の応用をご紹介します。

モザイクタイルの形状を円に変える

画像を加工した後の状態から、説明します。

グループを解除

現状、モザイクのひとつひとつがくっついている状態ですので、グループ解除を行います。

オブジェクトを選択して、【オブジェクト】-【グループ解除】を選択するか、command + Shift + Gでグループを解除します。

グループを解除すると、下の画像のように選択ツールでひとつひとつの四角を動かせるようになります。

ガッツリまとめて動かしてますが、1つ1つを動かせるようになります。

モザイクを円に変形

まずはタイル1つを選択し、形を変える基準を調べます。

1つ選んだら、アピアランスウィンドウの下にあるfxを選択し、【形状に変換】-【楕円形】を選びます。

形状オプションのダイアログが出ますので、【値を指定】にチェックを入れ、元の四角より小さくなるように数値を指定します。その数字が基準となります。

私の場合は7pxが四角より小さくなるサイズでした。ちなみに8pxだと四角を超えちゃいます。

他の円も変形

1つの円の基準がわかったので、他の四角にも同じように形状オプションを適用します。

  1. 選択ツールでドラッグする、もしくはcommand + Aで全選択をします。
  2. 先ほどと同じようにアピアランスウィンドウの下にあるfxを選択し、【形状に変換】-【楕円形】を選びます。
  3. 数値は先ほど出したものを入力します。

完成

これで完成です!普通のモザイクよりかわいい印象に仕上がりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です