間隔が均等な渦巻き模様の作り方【Illustrator(イラストレーター)】

イラストレーターで渦巻き模様を作る場合、スパイラルツールを使えば、すぐに作成することができますが、「等間隔の」ということになると同心円グリッドツールを使う必要があります。

ということで!今回は「イラストレーターで均等な渦巻き模様の作り方」をご紹介します。

同心円グリットツールを使う方法

最初に同心円グリットツールを使って均等な渦巻き模様を作る方法をご紹介します。

簡単に言うと「いくつもの均等な円を作って、ずらす」という作り方です。

均等間隔で配置された円を作る

左側のツールから、同心円グリッドツールを選びましょう。

通常では、おそらく直線ツールが表示されていると思いますので、長押しして同心円ツールに切り替えましょう。

切り替えたら画面をクリックし、オプションを設定していきます。いじる設定は下記の通り。

オプション設定
  • 【サイズ】幅・高さ共に300px。
  • 【同心円の分割】 5(いくつ円を重ねるかの設定)

 

OKを押すと下の画像のような円が出来上がるはずです。

「パスだけしか表示されてないぞ!」という人は選択して、線に色を設定してみてください。

円をずらす

上半分の削除

円をずらすために、まずは上半分を削除していきます。

選択ツール(V)だと全て選んでしまうので、ダイレクト選択ツール(A)で円の上半分を選択します。

選択したらdeleteで削除。

下半分をコピー

今度は選択ツール(V)で選択し、ツールのリフレクトツールをダブルクリックし、オプションを設定していきます。

オプション設定

【水平】にチェックを入れ【コピー】を押す

リフレクトツールで軸をちょうどカットした部分にしてもいいのですが、ぴったりにする方法がわからないので、その場で反転させています。

移動

リフレクトでコピーした円を、合わせます。この時に、元の位置に戻すとただの円になってしまうので、1つ隣の線にずらしてくっつけてください。

これで2つの渦巻きが重なった状態のものができあがります。(わかりやすいように画像右側の渦巻きは色を変えてみました。)

片方の渦を消すために、合体させる

これで完成としてもいいのですが、渦巻きは1個あればいいので片方を消しましょう。

しかし、先ほどの状態だと上下に分かれているので、まとめて選択できません。まずはオブジェクトをまとめて1つのモノにしてしまいましょう。

重なっているパスを選択

ダイレクト選択ツール(A)で重なっているパスを選択します。

パスを選択したら【オブジェクト】-【パス】-【パスのアウトライン】を選択します。

変化があったと思いますが、そのまま選択された状態で【ウィンドウ】-【パスファインダー】-【合流】でひとつのオブジェクトにすることができます。

注意

パスファインダーは【効果】から実行すると、アピアランスに適用されてしまうので、今回の場合はなにも変わりません。

グループ解除

これから片方の渦巻きを消していくのですが、2~3回ほどグループ化された状態になっています。

アピアランスで「グループ」の表記がなくなるまで【オブジェクト】-【グループ解除】をしてあげましょう。

ちなみにcommand + Shift + Gで「グループ解除」のショートカットです。連打しましょう。

グループ解除ができていれば重なっていた渦巻きをそれぞれ触れるようになるはずです!

完成

これで等間隔の渦巻き模様が完成しました!

直線ツールで作る方法

続いて直線ツールで作る方法をご紹介します。

等間隔に直線を配置

直線ツールで何本か直線を用意します。

そのあと作った直線を全て選択し、整列ウィンドウで水平方向に整列と垂直方向に等間隔で配置をします。

アンカーポイントを移動し斜めにする

ダイレクト選択ツール(A)で全ての直線右側のアンカーポイントをドラッグで選択します。

選択したら1つ上の線に重ねるようにアンカーポイントを移動します。

ブラシに登録

【ウィンドウ】-【ブラシ】からブラシパネルを表示して、オブジェクトを全選択しドロップすることでブラシに登録することができます。

MEMO
この時に新規ブラシの種類を聞かれますがアートブラシを選択しましょう!そのあとの設定は特にいじらずOKを選んでください。

ブラシの適用

まず楕円ツールで正円を作ります。

作った円を選択し、ブラシウィンドウに先ほど登録したブラシが追加されているはずなので、それを選択すると等間隔の渦巻きが出来上がります。

ここまで出来たら、渦をパスとして使えるように【オブジェクト】から【アピアランスの分割】を行います。

途切れている部分をつなげる

完成した渦巻きを拡大してみると、わずかながらパスが繋がっていないことがわかります。

渦巻きのオブジェクトを選択し、【オブジェクト】-【パス】-【連結】でつなげます。

拡大すると、微妙に隙間が空いているのがわかる。

完成

パスの隙間をくっつけたら完成です!

渦巻きがパスとして扱えるので、色も変えられますし他のブラシも適用することができるようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です