【文章力を鍛える】魅力的な見出し書きませんか?「問いかけ」の活用法

人は質問をされると、答えないといけないような気持ちになります。
今回は、この「反射的に答えたくなるという心理」を利用して魅力的な見出しの作り方をご紹介します。

この記事の主なテーマは、問いかけを見出しに上手に入れることですが、おそらくタイトルが「見出しに問いかけを入れる方法」だと記事の中身に興味が湧かないのではないでしょうか?

そのため「魅力的な見出し書きませんか?」と問いかけを取り入れています。そしてこの問いかけが、記事の入り口となる見出しにとっては重要なのです。
他の例をあげると…
[aside type=”boader”] 話をおもしろくする方法 → なぜあなたの話はつまらないのか?
転職セミナーを開催します → そろそろ本当にやりたいことにチャレンジしませんか?
必ず痩せるダイエットのススメ → 理想のスタイルを手に入れて何をしたいですか?[/aside]
いかがでしょうか?上記のように問いかけが入っていると、少し興味が湧いてきませんか?
このように問いかけを入れて疑問を生まれると、人はその答えを知りたくなるのです。

これだけ覚えればOK!問いかけ「3つのパターン」

見出しやタイトルに入れる問いかけには3つのパターンがあります。

1.読者の好奇心を刺激する質問

上の文章で1つ目にご紹介した「なぜあなたの話はつまらないのか?」や「なぜあなたは痩せられないか?」のように読者が悩んでいることや、コンプレックスの部分を問いかけます。この方法は、積極的に考えたくなるテーマに効果的です。

2.読者が「YES」と答えたくなる質問

「理想のスタイルを手に入れたくないですか?」「あの頃の若さを取り戻したくありませんか?(これはちょっと怪しいか…)」など、誰しもが思わず「YES」と答えたくなるような質問を投げかけます。

3.読者に結果をイメージさせる質問

例えば「自由な時間を手に入れたら何をしたいですか?」「年収が1000万円を超えたら何をしたいですか?」という質問の場合、1度その悩みを無視して、時間・お金があることが前提の質問です。読者に悩みが解決したイメージをさせ、期待を膨らませます。

どう問いかけを入れていくか?

1.何を伝えたいのかを明確にする

すぐに見出しを考えるのではなく、「この記事は読者の人にこのことを伝えるんだ!」という記事のテーマを明らかにしましょう。行動?オススメの商品?サービス?伝える内容で読者への問いかけ方も変わります。

2.疑問に思うポイントはどこだろう?

1で決めたテーマを読者が聞いて、疑問に思うところはどこかを考えます。例えば、話を面白くする方法をテーマにした場合、読者対象は「面白い話ができない人」になります。その場合の疑問は「どうして自分の話はつまらないんだろう」「芸人さんと一般の人の違いは何だろう」などがあがります。

3.上がった疑問を質問系へ

考えた疑問を質問系に変換していきます。STEP2であがった疑問の場合、「なぜあなたの話はつまらないか?」「芸人さんの話はなぜ面白いのか?」というように「話がつまらない理由」を読者に問いかけ、その解決法が本文にあることをそれとなく伝えるのです。

まとめ

上記で紹介したように疑問を作ってあげると、人はその答えを知りたくなり、その記事への興味が高まります。質問の考え方も結構簡単なのでぜひ、このテクニックを使ってみてください!最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です