【感想・レビュー】アクションが苦手な人にもオススメの面白さ!New スーパーマリオブラザーズ U デラックス

先日ようやくマリオU・ルイージU共にスターコイン全取得までクリアしました。

クリアまでの時間は大体20時間くらいでしたかね…。数えてないのでわからないですが体感的には1日1〜2時間で2週間ほどでした。

今作はWiiUのマリオUの移植+αですが、WiiUでプレイ済みの私も充分に楽しむことができました!点数でいうと80点です!(それ…充分楽しめたのか…?)

というわけで良い点・悪い点含めて、今回は「New スーパーマリオブラザーズ U デラックスの感想・レビュー」をしたいと思います!

良かった点

難易度がちょうどいい

マリオは万人向けのゲームですが、難易度はやりごたえのあるものになっています。

私がやっかいに感じたのは敵キャラの動き。あいつら一丁前に音楽にノリノリで、合いの手の時に足を止めやがります。

こちらは敵の歩行速度から位置を予想して、ジャンプの着地点を決めているので、フェイントを入れられて「止まるんかーい!」とミスをするというのが何回かありました。

この雲のキャラが「ファッ♪ファッ♪」て口ずさむのが1番かわいい

同時プレイが楽しい

星のカービィSDXやファイナルファイトみたいなゲームみたいなひとつの画面をシェアして進むゲームってめちゃめちゃ面白いですよね!

今作は4人までの同時プレイが可能です。しかも操作キャラクターも豊富で、「ステージから落ちても良い」「敵に当たっても良い」というような難易度を下げてくれるキャラクターもいるので、小さいお子さんやゲーム苦手という人とでも楽しくプレイすることができます。

スイッチのおすそ分けプレイの特性が見事に活かせるタイトルですね!スイッチ2台で4人プレイ!

多彩なステージ

最初はTHE・マリオというようなステージから始まり、砂漠・雪山・海・雲の上などなど今までのマリオ同様幅広いステージを冒険することができます。

ステージでは、クッパ軍団が色々なギミックでもてなしてくれますし、ワールドマップではステージ毎で大きく見た目が変わっていくので歩いてるだけでも楽しいですよ!

ボリューム満点そしてルイージUめっちゃ楽しい

今作はWiiUで発売されたマリオUの内容に、そのDLCだったルイージUも含まれおり、単純にステージは2倍になっています。

この値段でこんなに遊べるの!?というくらいコスパは最高に良いと思います。

そしてルイージUがめちゃめちゃ楽しい!

100カウントでクリアしないといけないのと、ステージギミックがマリオの時と比べて全力でルイージを潰しにかかってきます。一体彼が何をしたっていうんだー!

100カウントですが、実際は半分のカウントくらいでクリアできるステージの長さになっているので焦らなければ意外にクリアできます。このテンポの良さが最高にいい!

全ステージ通して中間ポイントはないため、失敗するたびに「ここはこの敵が来て…」と考えながらリトライするのでマリオ編よりも達成感が大きいです。

全ステージ攻略後の達成感はすごい!ここから先は君の目で確かめてくれ!

悪かった点

テンポが悪い

やられるとステージから出る

このゲームは、ステージ内でやられてしまうと、一々ステージから追い出される演出が入ります。

そのためリトライまでが【敵にやられる】→【ステージから出る】→【ステージを選び直す】という手間が発生します。画面が切り替わるたびに2秒ほどの画面の暗転も入るため、リトライまでに10秒ほどはかかります。

クリアできない時にはアイテムを使って欲しいということで、マップ画面に戻しているのかもしれませんが、何回もリトライするという時には中々にストレスでした。(特にルイージUやってる時)

ゲーム内のお題モードでは「リトライする?」と聞いてくれてたので本編にも取り入れて欲しかったところです。

ワールドマップの敵キャラが邪魔

ワールドマップにはハンマーブロスやクリボーといったキャラクターが歩いていたりして、当たってしまうと、ちょっとしたステージが始まりますが、あまり楽しくない。笑

一応倒すとアイテムがもらえるなどいいこともあるのですが、テンポを悪くしているなと感じました。

ステージは十秒程度で終わるのですが、敵にぶつかり→ステージがはじまって→宝箱あける演出となるとプレイ以外の時間で1分ほどかかります。

たかが1分なんですが、「次のステージに行くぞ!」となっている中で止められるのは少しうざ目です。個人的には、この敵キャラのミニステージいらないと感じました。

こういうステージが結構めんどくさい

マリオが滑る

いつものマリオに比べると、若干滑る感覚を感じます。

マリオが減速しながら止まるため、スティックを離しても2歩ほど歩きます。この2歩が滑る要因となっているんじゃないかと感じます。

ルイージのキャラの特性として高いジャンプ力と滑りやすいというのがあります。

滑りやすいという役割はルイージに全振りしてもよかったのでは…?と感じました。

音楽が少なく感じる

メロディーが一緒で、曲調を変えているだけの曲が多いので音楽が少なく感じます。

1つのメロディーを軸に展開するというのはゲームでも沢山あり、普通のことですが、地上ステージはほぼ同じ曲を聴いている感覚になります。(私だけ…?)

複数人では他プレーヤーと干渉する

複数人で遊ぶと4人まで同時に遊ぶことができますが、全員に干渉します。

私は複数プレーは砂漠のステージまでしかプレーしていないのですが、これがかなり厄介で、仲間ですらステージ攻略を難しくするギミックへと早変わり。

持ち上げちゃったりジャンプで引っかかったりなど予期せぬ事故が多発しました。

前半のステージはまだ地に足をつけて進めることが多いのであまり気になりませんが、後半は「複数じゃ絶対無理じゃね?」と感じさせるステージもありました。

ステージによっては、あえて復帰しないなど臨機応変にプレーするのがいいでしょう。でもギャーギャー言いながらやるマリオ最高に面白いですよ!笑

こんな人に向いています

家族や友達とプレイできるゲームを探している方に

「ボタンを押したらジャンプ」といったように、コントローラーを持ったらすぐに直感的に操作ができることがマリオというゲームの良い所だと思います。

今作は説明書がないため、やや説明不足なところはありますが、「それどーやるの?」「こんなことできた!」という会話が生まれたり、意外なところで盛り上がったりもするでしょう。

また、トッテンという無双状態のキャラがいるので、ゲームが苦手・やったことないという人やキャラを動かしていることが楽しいというくらいの小さい子でも楽しく遊べます。

友人が遊びにきたようの接待ソフトとしても活躍すること間違いなしです!

難易度高めの横スクロールがやりたい方に

元々マリオUをクリアした人向けのダウンロードコンテンツとして出たルイージUの難易度はかなり高いです。

しかし、理不尽な難しさではなく繰り返しプレイしていると、コツが見えてきてクリアできるという絶妙な難易度なので、幾度となくやられてもあまりイライラすることはなかったです。

スターステージの「きょだいファイアバーをかけぬけろ!」というステージをクリアした時には脳汁がドバドバ出ました。(あそこのステージを一番やったかも。)

まとめ

WiiUの移植版なので、最近のゲームと比べてしまうと見劣りしてしまいますが、一人プレイでもやりごたえがありますし、家族や友達との複数プレイでも盛り上がるという「マリオはやっぱりマリオ!」という安定のクオリティです。

個人的にはルイージUの難易度とステージのテンポの良さがかなり好きです!!

私はWii U版も購入していましたが、ルイージUのDLCは未プレイだったので充分に楽しめました。(マリオUのステージもほぼ忘れていたので、全編通して楽しめました!)

スイッチを持っている人なら買って間違いない1本です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です