モノクロ画像の一部分だけをカラーにする方法【photoshop(フォトショップ)】

モノクロ画像の一部分をカラーにすることで印象的な画像にしていきます。

今回は「レイヤーマスクを作成して調整する方法」と「ヒストリーブラシを使用する方法」の2種類の手段をご紹介します。レイヤーマスクで作成した方が後に修正が効きやすいので個人的にオススメです。

レイヤーマスクで調整する方法

1.レイヤーの複製

加工する画像をPhotoshopで開き、レイヤーを複製して同じ画像が2枚ある状態にします。

2.下の画像を白黒にする

適用するレイヤーを選択したらメニューの【イメージ】-【色調補正】-【白黒】で下のレイヤーを白黒に加工します。適用したレイヤーがちゃんと白黒になっているか上のレイヤーを非表示にして確認しておきましょう。

3.レイヤーマスクの作成

続いては上のレイヤー(色が付いている方)を選択します。色をつけたい箇所をクイック選択ツールor自動選択ツールで選択します。選択範囲は後に変更できるので、そこそこキレイ程度に選択しておきましょう。選択を終えたらレイヤーパネルの下にある【レイヤーマスクを追加】を選択します。これで色をつけたい箇所だけが見事に残ります。

4.色味の調整

このままでもいいのですが、明るさとコントラストを調整することでより印象的な画像に仕上げることができます。調整レイヤーで「レベル補正」ダイアログを開き数値を調整します。

画像にメリハリが出ました。これで完成です。

 

補足.

レイヤーマスクで作成しているので色をつける範囲を変更したいときは、マスク側を選択し白・黒のブラシで塗ることで容易に範囲を変更することができます。

下の画像はバラの真ん中を黒いブラシで塗ったものです。このようにブラシでマスクの範囲をいくらでも調整できるのがレイヤーマスクで作るメリットですね!

ヒストリーブラシを使用する方法

続いてヒストリーブラシを使用する方法をご紹介します。こちらは工程としては少ないのですがレイヤー1枚で完結できてしまうため修正等の融通がききづらいかなと感じます。単純に私がレイヤー1枚で作業するということに抵抗があるというのもありますが・・・。

1.画像を白黒にする

先ほどと同じくレイヤーを選択し、メニューの【イメージ】-【色調補正】-【白黒】で画像を白黒に加工します。

2.ヒストリーブラシで塗る

色を変更したい箇所をヒストリーブラシで塗っていきます。ゴニョゴニョゴニョ。

綺麗に塗っていけば完成です。コントラスト差が結構あれば選択範囲を作って塗ると少しばかり楽かもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です