テクスチャを使用した木目調テキストの作り方【photoshop(フォトショップ)】

今回は木目のテクスチャをテキストに使用して「木目調のテキスト」を作成していきます。

画像をテキストに適用していく方法を覚えておくと、様々な柄のテキストを作成することができるのでしっかり覚えていきましょう!

1.テキストを用意

まずテクスチャを適用するための文字を作成します。今回は「WOOD」と入力いたしました。この時1文字ずつを別レイヤーにしておきましょう。

2.文字に立体感を追加

どの文字でもいいのでレイヤーパネルで選択し、ダブルクリックでレイヤースタイルを開き【ベベルとエンボス】と【ドロップシャドウ】を下の画像のように設定し、文字に立体感を出します。

今の文字の状態は下の画像のような状態です。わかりやすいように文字の色を白くしました。

3.木目のテクスチャを合成

木目調のテクスチャを用意したら、テキストの上にテクスチャを移動していただき【レイヤー】-【クリッピングマスクを作成】で文字の部分のみ画像を表示することができます。

クリッピングマスクはショートカット(command+option+G)でも実行可能です。多用する機能ですのでショートカットキーを覚えておくと作業が捗ります。

4.全ての文字に効果を適用

テクスチャーをコピーして同じように他の文字にもクリッピングマスクを適用していきます。レイヤースタイルもコピーします。レイヤースタイルのコピー方法としてはレイヤー右の「fx」をoptionキーを押しながら別レイヤーにドラッグするのが一番簡単だと思います。レイヤースタイルを適用すると完成です。少しドロップシャドウ強めですね…。この辺りはお好みでどうぞ。

アレンジ

いい感じの背景に文字を置くと雰囲気が出ます。今回は葉っぱの画像の上に作成した文字を置いていきます。

1.背景画像を配置

作成した文字の下に画像を配置します。もうちょっとだけ雰囲気出ます。

 

2.文字の再配置

【自由変形ツール(command+T)】で角度や位置を変更します。

 

3.文字を葉っぱに食い込ませる。

文字をグループ化し、そのフォルダにベクトルマスクを適用します。

マスクを適用したらブラシツールに切り替えて黒いブラシで葉っぱを食い込ませたい部分を塗っていきます。塗りすぎたら逆に白いブラシで塗ると消えた部分が復活します。ちくちくと全文字葉っぱの重なる部分を調整していきます。

4.葉っぱの影を追加

テクスチャの上に新規レイヤーを作成しクリッピングマスクを作成します、そのあと「ソフト円ブラシ」で葉っぱの影を書いていきます。全ての文字に同様のことを行い、塗りを終えたらレイヤーの不透明度をいい具合のところまで下げ、馴染ませます。

5.完成

ただ文字を置くより大分いい感じに見えますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です