【文章力を鍛える】見出しのスキルがぐんぐん上達!「擬声語」の活用法

文章の中に擬声語を混ぜると、読者の五感を刺激し、イメージを促進させる効果があります。

例えば…
[aside type=”boader”] おいしいビールあります → キンキンに冷えたビールあります
高性能で動作が早いパソコン → サクサク動く高性能のパソコン
とっても気持ちいい布団 → ふわふわして気持ちいい布団[/aside]
いかがでしょうか?上記の文章を比較してみると、後者の文章の方がモノに対してのイメージができませんか?このように文章内に擬声語を入れてあげると、読んでいる人の想像力を膨らませることができるのです。

擬声語とは?

擬声語とは、擬音語擬態語の総称のことを指します。

擬音語

擬音とは、音を真似た言葉。つまりモノが発する音をそのまま言葉や文字で表現することです。擬音語の特徴としては、音の響きで五感を刺激することで、臨場感を出すことができます。
[aside type=”boader”] 例えば…
犬がワンワン鳴いた
壁をドンドンと叩く
水をゴクゴク飲む
[/aside]

擬態語

擬態語は、擬音とは逆で音のないものを文章で表現したものを指します。擬態語の特徴としては、質感や感情、雰囲気を表現することができます。
[aside type=”boader”] 例えば…
あなたの目の前をうろうろする
人がミスしてにやにやする
空がピカッと光った
[/aside]

どう擬声語を入れていくか?

1.見出しを考える

考えるといっても、「これを伝えたい」くらいの簡単なもので大丈夫です。
例1 / おいしいご飯屋さんを紹介
例2 / 入試対策を教えます
例3 / 痩せる方法

2.文章を具体的にする

1の状態だとざっくりしているので、詳細を詰めていきます。特徴がイメージできるので、擬声語に変換しやすくなります。
例1 / おいしい天ぷら屋さんを紹介
例2 / 入試対策のための勉強法
例3 / ダイエットにはやっぱりエアロバイク

3.特徴の部分を擬声語に変換

特徴の部分を擬声語に変換していきます。食べ物なら「サクサク」や「ふわふわ」など食感や味が伝わるようにし、擬態語の場合は状況をイメージしやすいように読み手の五感を刺激してあげましょう。
例1 / サクサクの食感がたまらない!天ぷらを食べに行くならココ!
例2 / 問題がスラスラ解ける!入試前のおすすめ勉強法
例3 / エアロバイク買ったら5分でTシャツがびっちゃびちゃになった。

まとめ

文章に擬声語を加えることで、読み手のイメージを促進させることができます。そうすることで状況をわかりやすく表現することができますし、文章にリズム感も生むことができるのです。

食べ物などの記事を書く時は使いやすいと思いますので、ぜひこの手法を取り入れてみてください。最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です