キラキラブラシの作り方【photoshop(フォトショップ)】

今回は大きい画像にも使えるキラキラブラシの作り方をご紹介します。1度作ってブラシを登録してしまえば、いつでも使えるのでぜひ作っておきましょう。
[aside]制作情報
作成目安・6分
使用ソフト・Photoshop CC 2018
作成サイズ・500px ×  500px / 72ppi [/aside]

1.キラキラのパーツを作る

1-1.元となるシェイプを作成

【多角形ツール】を選択し、上のオプションバーの「モード:シェイプ」「塗り:黒」「線:なし」に設定します。どこでもいいのでカンバスをクリックすると、設定ウィンドウが開くので「幅と高さ:300px」「角数:8」「星にチェック」「辺のくぼみ:95%」と設定しOKを押すと、下の画像のような星型シェイプが作成されます。

1-2.シェイプの形を整える

【パス選択ツール】で斜め45度にある4つの頂点を選択します。(※複数選択なのでshiftを押しながら選択しましょう。)ツールバーの【編集】-【ポイントを変形】-【拡大・縮小】を選択し、オプションバーのWとHの部分を50%に指定し、エンターで決定します。

1-3.光の追加

作成した多角形のレイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルのウィンドウを表示させます。光彩(外側)にチェックを入れ、「不透明度:65%」「カラー:黒」「スプレッド:0」「サイズ:30px」に設定していきます。(※他の設定はデフォルトのままですが違う場合がありますので下の画像を確認してください。)

設定を入力し、OKを押すと星型の周りに発光の効果が追加されます。これでブラシの元となる部分が完成しました。

1-4.ぼかしを入れる

ぼかしの効果を適用させるために、多角形のレイヤーを選択し【フィルター】-【スマートフィルター用に変換】でOKを選択し、スマートオブジェクトに変換します。
変換したら【フィルター】-【ぼかし】-【ぼかし(放射状)】でウィンドウを開き、「量:100%」「方法:ズーム」「画質:高い」に設定すると、外側に向かうようなぼかしが入ります。

2.ブラシの登録

先ほど作った素材をブラシとして使えるように設定していきます。

2-1.ブラシを定義

【編集】-【ブラシを定義】を選択し、任意の名前をつけてOKを押します。※今回はキラキラブラシとしました。これでブラシの登録は完了です。あら簡単♪

2-2.ブラシの設定

もうブラシとして利用することができるのですが、このままだと1つ1つの距離が近く、またランダム感も少ないので、それっぽく見えるようにブラシの設定を行います。

まず【ウィンドウ】-【ブラシ設定】で設定ウィンドウを開きます。「ブラシの先端のシェイプ」を選択して、間隔を80%に設定します。※間隔はお好みでどうぞ。
次に【ブラシ設定】内の【シェイプ】を選択し「サイズのジッター:100%」に設定します。
最後に同じく【ブラシ設定】内の【散布】を選択し、「両軸にチェックを入れ、散布:200%」と設定すれば完了です。

この設定で線を描くと下の画像のようになります。もちろんブラシなので色を変えればキラキラの色も変わります。

完成

写真にキラキラを加えてあげると華やかさが増すので、ぜひ使ってみてください!

ブラシを作成後、プリセットを登録しておくと同じものを利用する時に、簡単に呼び出せるので便利です。

変更したブラシ設定を保存する方法【photoshop(フォトショップ)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です